文化講座開催事業 | Cultural Lesson

  平成30年度文化講座開催事業

文化講座へのご招待
 公益財団法人愛媛県文化振興財団では、平成20年度から文化活動に意欲的な熟年世代の方々や入門的なカルチャースクールを卒業された方などを対象に、ややハイレベルな学びの場を提供する文化講座を開講しています。
 今年度は、文芸作品の豊かさを味わい楽しみ、作家の人生や表現を探る「現代文学鑑賞講座」、日本仏教を築いた人々の事績や仏教美術を通して日本文化の特質を学ぶ「人文科学講座」、昭和(戦前・戦後)時代の日本と愛媛の歴史をたどる「愛媛の歴史講座」、歌舞伎の基礎から通な楽しみ方までを紹介する「歌舞伎講座」、近代から現代にかけての俳句、短歌、小説、また建築、絵画、映画、食事など、レトロな昭和デザインや風情を駆け巡りながら、「愛媛」を味わっていく「愛媛学講座」の5講座を実施いたします。原則、毎月1回、合計10回を予定しており、複数の講座を受講できます。
 受講料は1講座につき年4,000円(計10回)です。
ゆったりした日程ですので、お気軽にお申し込みを!

■事業のあらまし
実施期間
平成30年6月~平成31年3月
講座の種類
 
A 現代文学鑑賞講座~ことばを中心に~ (全10回)募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 堀内 統義 (詩人・日本現代詩人会会員)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
詩、小説、エッセイ、評伝、紀行文など、ことばで描き出された世界を味わい楽しむ。
 
B 人文科学講座~日本の思想:平安時代の社会・文化および仏教美術を通して~ (全10回)
募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 小沼 大八 (愛媛大学名誉教授・一遍会代表)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
日本歴史の時代相を形成するさまざまな出来事や人物に即して仏教を論じます。
日本仏教を築いた人々の事績をたどりながら、その時代を代表する仏教美術作品をひもときます。
日本仏教の理解を通して神仏習合など日本文化がもつさまざまな特質を論じます。
 
C 愛媛の歴史講座 ~昭和(戦前・戦後)編~ (全10回)
募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 高須賀 康生 (伊予史談会名誉会長)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
『詳説 日本史』 山川出版社を使用します ←お持ちでない方は初回に購入できます
  概要:
日本史概説と郷土の歴史について事件と人物を中心に解説します。
今年度は昭和(戦前・戦後)時代をおって日本と伊予国・愛媛県の歴史を語りたいと考えています。
 
D 歌舞伎講座(全10回)募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 神楽岡 幼子 (愛媛大学教授)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
江戸時代から400年にわたって愛され続けている日本の代表的伝統芸能の魅力とその歴史を学びましょう。
歌舞伎の名作などをわかりやすく解説するとともに歌舞伎役者と家、作者などについてもご紹介します。
歌舞伎独特の演出や表現など、歌舞伎を見るための基礎から、少し通な楽しみ方まで、楽しくご紹介します。
 
E 愛媛学講座(全10回)募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 青木 亮人 (愛媛大学准教授)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
 愛媛は中予・東予・南予それぞれに特色があり、文化の厚みがあります。愛媛出身の、そして訪れた多くの芸術家や著名人が愛媛を絵に描き、食事に舌鼓を打ち、建築に携わり、カメラを廻すとともに、過去の愛媛を懐かしみました。本講座では近代から現代にかけての俳句、短歌、小説、また建築、絵画、映画、写真、音楽、食事、歴史的建造物からレトロな昭和デザイン、マニアックな風情までを駆け巡りながら、「愛媛」を味わっていきたいと思います。なお、愛媛は俳句王国ですので、各地域ゆかりの有名無名の句群を随時紹介していきたく思います。
     
対象者
原則、18歳以上で連続して受講できる方
定員および受講料
「現代文学鑑賞講座」は30名程度、「人文科学講座」と「愛媛の歴史講座」と「愛媛学講座」は50名程度、「歌舞伎講座」は60名程度となっています。
お申し込みの先着順に受け付けます。応募者多数の場合はご希望に添えないことがありますのでご容赦ください。
受講料は1講座につき、年4,000円(計10回)です。
実施場所

「現代文学鑑賞講座」・「人文科学講座」・「愛媛の歴史講座」・・・ひめぎんホール別館

「歌舞伎講座」・・・ひめぎんホール本館・1F多目的室
「愛媛学講座」・・・ひめぎんホール本館・3F第5・7会議室
  ◆地図はこちら
講座日程 (都合により変更または休講する場合があります)
A 現代文学鑑賞講座 ~言葉を中心に~ 会場:ひめぎんホール別館
原則、第2火曜日13:30~15:00(90分)
※10月は第3火曜日、2月は第1火曜日になります。 ※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/12 短篇の魅力  山川 方夫 と 阿部 昭
(2) 7/10 一〇〇年前の女の子  船曳 由美
(3) 8/14 大連という街  安西 冬衛 と 清岡 卓行 
(4) 9/11 あのころのパラオをさがして  寺尾 紗穂
(5) 10/16 センサーとしての〈私〉  赤瀬川 原平 と 尾辻 克彦
(6) 11/13 短歌と「青」の民俗学  谷川 健一
(7) 12/11 無援の抒情 と サラダ記念日  道浦 母都子 と 俵 万智
(8) 1/8 鬼の児の〈詩と真実〉  金子 光晴
(9) 2/5 朝だ徹夜  阿佐田 哲也 と 色川 武大
(10) 3/12 小さな旅に生きた詩人  田中 冬二

B 人文科学講座 ~日本の思想:平安時代の社会・文化および仏教美術を通して~
会場:ひめぎんホール別館
原則、第2木曜日13:30~15:00(90分)
※9月・10月は第2水曜日、11月は第3火曜日になります。※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/21 前年度までの総括1
(2) 7/12 前年度までの総括2
(3) 8/16 平安時代の政治史・経済史:律令制度から荘園制度へ
(4) 9/12(水) 平安時代の文化史:弘仁貞観時代から藤原時代へ
(5) 10/10(水) 平安貴族の世界:かな文字の誕生と女流文学
(6) 11/20(火) 神仏習合:本地垂迹説とは
(7) 12/13 末法到来
(8) 1/17 末法思想と平安浄土教
(9) 2/14 保元・平治の乱と武家政権(平氏)の誕生
(10) 3/14 鎌倉時代へ

C 愛媛の歴史講座 ~昭和(戦前・戦後)編~ 会場:ひめぎんホール別館
原則、第4火曜日13:30~15:00(90分)
※9月は第3金曜日、12月は第3火曜日になります。 ※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/26 金融恐慌と農漁村の不況
(2) 7/24 国際外交と軍部の台頭
(3) 8/28 経済統制と戦時下の生活
(4) 9/21(金) 戦争・空襲と生活崩壊
(5) 10/23 占領下の民主化政策と地方自治
(6) 11/27 戦後の混乱と経済回復
(7) 12/18 県民生活の安定と高度経済成長
(8) 1/22 地域開発と生活福祉
(9) 2/26 地方の時代と県政
(10) 3/26 昭和から平成へ

D 歌舞伎講座 会場:ひめぎんホール本館(1F・多目的室)
原則、第3金曜日13:30~15:00(90分)
※6月・8月・は第2金曜日、9月・11月は第1木曜日、10月は第3木曜日になります。
※都合により変更または休講することがあります。

(1) 6/8 歌舞伎入門
(2) 7/20 名作案内「菅原伝授手習鑑-寺子屋-」
(3) 8/10 名作案内「義経千本桜-道行初音旅-」
(4) 9/6(木) 名作案内「義経千本桜-川連法眼館-」
(5) 10/18(木) 松本幸四郎の代々
(6) 11/1(木) 名作案内「伊勢音頭恋寝刃」
(7) 12/21 スーパー歌舞伎
(8) 1/18 歌舞伎の衣装
(9) 2/15 名作案内「鳴神」
(10) 3/15 歌舞伎あれこれ

E 愛媛学講座 会場:ひめぎんホール本館(3F・第5・7会議室)
原則、第4木曜日13:30~15:00(90分)
※9月は第4水曜日、10月は第5水曜日、11月は第3水曜日になります。
※都合により変更または休講する場合があります。

(1) 6/28 「愛媛」を楽しむレッスン -俳句、随筆、建築、音楽など
(2) 7/26 キリスト教と愛媛 -松山夜学校と法華津峠、隠れキリシタンなど
(3) 8/23 戦争と愛媛 -愛南町の移民、松山空襲、今治空襲など
(4) 9/26(水) 食事と愛媛 -吉村昭、獅子文六、正岡子規など
(5) 10/31(水) 短歌と愛媛 -松山の与謝野晶子、伯方島の吉井勇など
(6) 11/21(水) 写真、絵と愛媛 -南予の段々畑や三津浜、大竹伸朗など
(7) 12/27 遍路と愛媛 -つげ義春の漫画、俳句や短歌など
(8) 1/24 思い出と愛媛 -徳冨蘆花、高浜虚子、獅子文六など
(9) 2/28 映画、アニメと愛媛 -寅さん、東京ラブストーリー、下灘駅など
(10) 3/28 近代文明と愛媛 -伊予鉄の市電、別子銅山など

申し込み方法

受講申込書に必要事項をご記入のうえ愛媛県文化振興財団に郵送・FAX・メールでお申し込みください。グループで受講をご希望の方も、お一人様につき1枚の受講申込書をお送りください。

必要事項:
(1)氏名
(2)氏名の読み仮名
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)受講を希望する講座名(複数可)
■申し込み用紙のダウンロード
WORD、もしくはPDFのアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
WORD書類の場合、MicrosoftWordが必要です。
PDF書類の場合、AdobeAcrobatReaderが必要です(FREE)。


受講申込書
(WORD 書類335KB、PDF書類931KB)
WORD書類版 PDF書類版

申し込みの締切
平成30年5月25日(金)(必着)
主催
公益財団法人愛媛県文化振興財団
個人情報
個人情報は、公益財団法人愛媛県文化振興財団個人情報保護方針に沿って適正に取り扱います。

お申し込み・お問い合せ先
お申し込み・ご質問は、次までお願いします。
(公財)愛媛県文化振興財団 総務事業部
TEL:089-927-4777 FAX:089-927-4778 E-mail:info@ecf.or.jp
住所:〒790-0843松山市道後町2丁目5-1
 
戻る TOPへ戻る