文化講座開催事業 | Cultural Lesson

  平成27年度文化講座開催事業

文化講座へのご招待
 公益財団法人愛媛県文化振興財団では、平成20年度から文化活動に意欲的な熟年世代の方々や入門的なカルチャースクールを卒業された方などを対象に、ややハイレベルな学びの場を提供する文化講座を開講しています。
 今年度は、文芸作品の豊かさを味わい楽しみ、作家の人生や表現を探る「現代文学鑑賞講座」、仏教美術作品を通して日本文化の特質を学ぶ「人文科学講座」、明治の愛媛の歴史をたどる「愛媛の歴史講座」、歌舞伎の基礎から通な楽しみ方までを紹介する「歌舞伎講座」、明治以降の俳句史の流れを踏まえつつ、俳人や名句の魅力と本質に迫る「俳句学講座」の5講座を実施いたします。原則、毎月1回、合計10回(愛媛の歴史講座は5回)を予定しており、複数の講座を受講できます。
 受講料は1講座につき年4,000円(計10回)です。※愛媛の歴史講座は年2,000円(計5回)です。
 ゆったりした日程ですので、お気軽にお申し込みを!

■事業のあらまし
実施期間
平成28年6月~平成29年3月
講座の種類
 
A 現代文学鑑賞講座 ~言葉ありき~ (全10回) 募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 堀内 統義 (詩人・日本現代詩人会会員)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
詩、小説、エッセイなど幅広く文芸の豊かさを味わう。
一人の詩人、作家の表現の核心を探る。
 
B 人文科学講座 ~日本仏教を築いた人々とその仏教美術~ (全10回) 募集を締め切りました。
  ◆日程はこちら
  講師: 小沼 大八 (愛媛大学名誉教授・一遍会代表)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
日本仏教を築いた人々の事跡をたどりながら、その時代を代表する仏教美術作品をひもときます。
日本仏教の理解を通して神仏習合の問題、仏教の日本化など、日本文化が持つ特質を論じます。 ※ビデオ映像を多用します。
 
C 愛媛の歴史講座 ~明治前期の日本と愛媛~ (全5回) 募集を締め切りました。 ◆日程はこちら
  講師: 高須賀 康生 (伊予史談会会長)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
『詳説 日本史』 山川出版社を使用します ←お持ちでない方は初回に購入できます(\820)
  概要:
日本史概説と郷土の歴史について事件と人物を中心に解説します。
今年度は明治時代の日本と伊予国・愛媛県の歴史を語りたいと考えています。
 
D 歌舞伎講座 (全10回) ◆日程はこちら
  講師: 神楽岡 幼子 (愛媛大学法文学部教授)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
江戸時代から400年にわたって愛され続けている日本の代表的伝統芸能の魅力と
その歴史を学びましょう。 
歌舞伎の名作などをわかりやすく解説するとともに歌舞伎役者と家、作者などについてもご紹介します。
歌舞伎独特の演出や表現など、歌舞伎を見るための基礎から、少し通な楽しみ方まで、楽しくご紹介します。
 
E 俳句学講座 (全10回) ◆日程はこちら
  講師: 青木 亮人 (愛媛大学教育学部准教授)
  テキスト: 毎回プリントを無料配布(予定)
  概要:
 松山は近代俳句の大黒柱となった正岡子規、高浜虚子、石田波郷らを輩出した土地で、現在も俳句甲子園が開催されるなど俳句に関心の高い土地です。しかし、普通の生活の中で、近代俳句の全体像や多様な特徴などを考えたり、有名句に込められた様々な魅力や意味をじっくり考える機会などはあまり多いとは言えません。
 本講座では正岡子規から始まる明治・大正・昭和戦前期・戦後に至るまでの俳句史の流れを踏まえつつ、改めて著名俳人や有名句の魅力と本質に迫りたいと思います。
     
対象者
原則、18歳以上で連続して受講できる方
定員および受講料
「現代文学鑑賞講座」は20名程度、「人文科学講座」と「愛媛の歴史講座」は50名程度、「歌舞伎講座」と「俳句学講座」は60名程度となっています。
お申し込みの先着順に受け付けます。応募者多数の場合はご希望に添えないことがありますのでご容赦ください。
受講料は1講座につき、年4,000円(計10回)です。※愛媛の歴史講座は年2,000円(計5回)です。
実施場所

「現代文学鑑賞講座」・「人文科学講座」・「愛媛の歴史講座」…ひめぎんホール別館

「歌舞伎講座」・「俳句学講座」…ひめぎんホール本館・1F多目的室
  ◆地図はこちら
講座日程 (都合により変更または休講する場合があります)
A 現代文学鑑賞講座 ~言葉ありき~ 会場:ひめぎんホール別館
原則、第2火曜日13:30~15:00(90分)
※10月・11月・1月は第3火曜日になります。 ※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/14 須賀 敦子 「ミラノ 霧の風景」
(2) 7/12 丸谷 才一 「横しぐれ」
(3) 8/9 寺山 修司・西東 三鬼・富澤 赤黄男
(4) 9/13 長田 弘 「自分の時間へ」
(5) 10/18 五木 寛之 「わが人生の歌がたり」
(6) 11/15 井上 靖 「幼き日のこと」
(7) 12/13 小川 洋子 「図鑑」
(8) 1/17 中島 敦 「マリヤン」
(9) 2/14 洲之内 徹 「気まぐれ美術館」
(10) 3/14 谷川 健一 「心にひびく小さき民のことば」

B 人文科学講座 ~日本仏教を築いた人々とその仏教美術~ 会場:ひめぎんホール別館
原則、第2木曜日13:30~15:00(90分)
※8月は第1金曜日、9月は第2金曜日、12月は第3木曜日になります。
※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/9 仏教以前 - 縄文時代が面白い
(2) 7/14 仏教伝来と飛鳥文化
(3) 8/5 聖徳太子の事績と法隆寺
(4) 9/9 大化の改新と白鳳文化
(5) 10/13 南都六宗と天平文化
(6) 11/10 大仏開眼
(7) 12/15 最澄・空海と密教美術
(8) 1/12 末法到来と欣求浄土 - 浄土教の隆盛
(9) 2/9 鎌倉仏教の祖師たちと仏師たち
(10) 3/9 一遍と日蓮 - 三界は幻化か火宅か

C 愛媛の歴史講座 ~明治前期の日本と愛媛~ 会場:ひめぎんホール別館
原則、第4火曜日13:30~15:00(90分)
※8月は第5火曜日になります。 ※都合により変更または休講することがあります。
(1) 6/28 廃藩置県と愛媛県政の創始
(2) 7/26 文明開化と学校づくり
(3) 8/30 地租改正の推進と財政
(4) 9/27 不平士族の乱と自由民権運動
(5) 10/25 立憲国家の成立と府県制・市町村制

D 歌舞伎講座 会場:ひめぎんホール本館(1F・多目的室)
原則、第3金曜日13:30~15:00(90分)
※10月は第3木曜日、11月は第4木曜日になります。
※都合により変更または休講することがあります。

(1) 6/17 歌舞伎入門
(2) 7/15 名作案内「曽根崎心中」
(3) 8/19 名作案内「仮名手本忠臣蔵」 ―七段目―
(4) 9/16 中村雀右衛門の代々
(5) 10/20 中村芝翫の代々
(6) 11/24 名作案内「熊谷陣屋」 ―団十郎型と芝翫型―
(7) 12/16 歌舞伎の音楽 -鳴物・下座-
(8) 1/20 名作案内「関の扉」 ―常磐津の歌舞伎舞踊―
(9) 2/17 名作案内「新版歌祭文」 ―野崎村の段―
(10) 3/17 歌舞伎あれこれ

E 俳句学講座 会場:ひめぎんホール本館(1F・多目的室)
原則、第4木曜日13:30~15:00(90分)
※11月は第5水曜日、3月は第1木曜日になります。
※都合により変更または休講する場合があります。

(1) 6/23 総論:近代俳句とは何か、その特徴と変遷
(2) 7/28 近代俳句の創始者、正岡子規の「写生」について
(3) 8/25 子規の「写生」を継承した高浜虚子と「ホトトギス」雑詠欄について
(4) 9/22 大正初期の「ホトトギス」雑詠欄を飾った緒俳人、原石鼎・飯田蛇笏など
(5) 10/27 子規の「写生」を継承した河東碧梧桐と自由律俳句について
(6) 11/30 特異な自由律俳句について、尾崎放哉や種田山頭火など
(7) 12/22 大正後期~昭和初期の「ホトトギス」を牽引した四S等の緒俳人
(8) 1/26 昭和初期の新興俳句について、西東三鬼・高屋窓秋など
(9) 2/23 昭和戦後の前衛俳句、社会性俳句について、金子兜太・島津亮など
(10) 3/2 1970年代の古典回帰、森澄雄、飴山實など

申し込み方法

受講申込書に必要事項をご記入のうえ愛媛県文化振興財団に郵送・FAX・メールでお申し込みください。グループで受講をご希望の方も、お一人様につき1枚の受講申込書をお送りください。

必要事項:
(1)氏名
(2)氏名の読み仮名
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)受講を希望する講座名(複数可)
■申し込み用紙のダウンロード
WORD、もしくはPDFのアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
WORD書類の場合、MicrosoftWordが必要です。
PDF書類の場合、AdobeAcrobatReaderが必要です(FREE)。


受講申込書
(WORD 書類47KB、PDF書類207KB)
WORD書類版 PDF書類版

申し込みの締切
平成28年5月27日(金)(必着)
主催
公益財団法人愛媛県文化振興財団
個人情報
個人情報は、公益財団法人愛媛県文化振興財団個人情報保護方針に沿って適正に取り扱います。

お申し込み・お問い合わせ先
(公財)愛媛県文化振興財団 総務事業部
TEL:089-927-4777 FAX:089-927-4778 E-mail:info@ecf.or.jp
住所:〒790-0843松山市道後町2丁目5-1
 
戻る TOPへ戻る